延岡市の生産者が大事に生産したサフランを九州保健福祉大学で成分分析を行い、品質評価をしております。

また、サフランの雌しべ部分収穫作業は、福祉事業所利用者の手によって行われています。

このように、「日本のひなた」を掲げる宮崎県の北部に位置する延岡市において「農福薬連携」の取組により生産された「延岡ひなたサフラン」は世界標準規格に基づいて行った分析においても、基準値を大きく上回る最高品質のサフランと評価されています。
ブイヤベースやパエリアなどの料理にも使用でき、鮮やかな黄色と高貴な香りが食欲をそそります。

 

 


【延岡ひなたサフランとは】

 

<特色のある希少食材>

各地で特色のある希少食材が生産される傾向にあるいま、115年の栽培史を継承し、九州保健福祉大学と宮崎県延岡市がサフランの生産に取り組んでいます。

 

<ギリシャで栽培されていたサフラン>

青銅器時代よりギリシャで栽培されていたサフラン。古代ギリシャではサフランの黄色を珍重し、アレクサンダー大王やクレオパトラなど王族だけが使うことが許されるロイヤルカラーとされていたそうです。

 

<世界で最も高価な香辛料>1gをとるのに500個近い花が必要とされ、黄金と等価で取引されていた「世界で最も高価な香辛料」のひとつです。

古代エジプトの香水キフィにも使用された薄紫色のサフランの花の香りは、ストレス緩和と女性ホルモンの分泌を高める作用があることから、魅惑の花としても注目されています。

延岡ひなたサフラン(パウダー)

¥900価格
消費税込み |
  • 延岡ひなたサフラン 1g缶(パウダー)

  • <常温>でのお届けです。

    5~6営業日内の発送となります。

    産地より直送でお届けする場合がございます。

    個数によって追跡可能なメール便での対応となります。ご了承ください。